2004年11月10日

言葉遣いに神経質な人は・・・

言葉遣いに神経質な人は相手を見下している!?

今日コンビニで立ち読みしていた時、目にとまった本があります。
『仕事と人間関係に役立つ心理学101題』 定価780円 英和MOOK
監修・・・亜門虹彦さん(心理アナリスト・カウンセラー) 

パラパラっとめくって気に入ったので、買っちゃいました。
営業系の心理学の本はよく買ってますので・・・

この本は四項目に分類されてます。
@ビジネス心理編
A性格分析編
B恋愛心理編
C人間関係編

C人間関係編の中に言葉遣いに神経質な人は相手を見下している!?が書いてありました。 P105上段



その内容は、
いつも丁寧な言葉で相手に接する人は
気配りのできるタイプと思われがちですが、
実際はプライドが高く自己開示の低い性格なのです。

自分の思っていることを他人に知られたくないので、丁寧な言葉でカムフラージュしているのです。言い換えれば、深くつき合って傷つくが怖いので、常に他者との間にシャッターを下ろしているのです。

私、言葉遣いは丁寧だとよく言われています。いつのまにやらこうなっているのですが・・・
本音を話さない人だともよく言われます・・・・・

なるほどー 自己開示の低い性格ですかー 
そうかもしれませんね。ええ、たぶんそうでしょうとも・・・・・
彼女にも言われた事ありますからぁ〜 
でも、見下してはないハズですが。
posted by ミッキー at 20:38| Comment(18) | TrackBack(0) | 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!

カーネギーの
「…動かす」とか持ってたりして。

そういえば、
以前似たような話をしたことがあります。

飲み会を先抜けし帰った人のことについて
「あの人何度会っても敬語が丁寧すぎて嫌な感じ…」って具合に。

誰かとの会話の敬語言葉の使い方に、微妙にズレを感じると、妙な距離感を感じることがあります。

自己開示の低さですか…、
自分の場合がどうなのか、少し心配になって来てしまいましたでござりまする〜。

ところで、
話は戻りますが、カーネギーの本を思い出して考えると、このミッキーさんのブログというもの、彼の理論をかなり忠実に利用してますね。
Posted by 映太郎 at 2004年11月10日 23:02
へ〜・・・そうなんですね。
きっと俺も自己開示は低いでしょうね。
ええ、本音知られたら・・・

マジやばいっすよ(爆)
一回サークルのブログで思ったことそのまま書いたらちょっとやばくなりかけた経験が…ハハハ。

気をつけねば・・・。

初対面で同学年の人とも敬語でしゃべってしまうのはその表れなんですかね〜?
Posted by Xform at 2004年11月11日 00:32
>自分の思っていることを他人に知られたくないので、丁寧な言葉でカムフラージュしているのです。言い換えれば、深くつき合って傷つくが怖いので、常に他者との間にシャッターを下ろしているのです。

すっごく納得!

オレの場合、親しい目上の人には、あまり丁寧語や敬語ばかりだと他人行儀な気がして、砕けた話し方をしつつ、ポイント、ポイントに敬語を交えるようにしてますね〜
Posted by KIR at 2004年11月11日 02:09
>映太郎さんへ
すみません不勉強なもので・・・
カーネギーといえばホールぐらいしか・・・
(鉄鋼王でしたでしょうか?)

距離感ですね・・・
感じてるかもしれませんねー



Posted by MICKEY at 2004年11月11日 05:37
>Xformさんへ
自己開示が低いからダメだというのじゃないと思いますので・・・
お気楽にー



Posted by MICKEY at 2004年11月11日 05:46
>KIRさんへ
まだお若いのにすでに悟ってらっしゃる・・・
やり手ですねー
Posted by MICKEY at 2004年11月11日 05:48
見下してるととれば取れない事もないかもしれないけど 難しいですよね・・・人それぞれの考え方の違いというか。
でもそう言われても言葉使いと挨拶だけは気をつけたいと思いますねぇ。
Posted by 由美子 at 2004年11月11日 07:51
僕も言葉遣いは気にしますよ。
年上にも年下にも敬語だし・・・。何を考えているかわからない、本音を言わない、っていうのもよく言われますよ。
敬語をやめたら・・・広島弁丸出しになるけん、じゃけん知らん間にけいごになっとるんよ。ってなもんです。
つきあって日の浅い人や、長年つきあっていても目上の人に敬語を使うのは当たり前では?
生徒が先生にため口の世の中で、時代錯誤ですか?
Posted by のろろ at 2004年11月11日 08:49
そうなんだぁ。興味深い記事ですね。
わたしも結構、敬語使ってます。
お酒の席ではくだけちゃいますけど。。。
Posted by まきこ at 2004年11月11日 13:25
参考までに書き添えます。

『人を動かす』
デール・カーネギー著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4422100513/249-7043767-1732349

この本の中で、名前に関する部分があったと思います。

人の名前はその人にとって「最も心地よい響き」というものです。自分のブログの名前をあっさりとトップに掲載してくれたミッキーさんは、この法則を読まずにも心得ていたと思えたのです。

自分の名前やブログ名が載っていたら、そのブログがとても気になるでしょう?
Posted by 映太郎 at 2004年11月11日 14:49
>由美子さんへ
言葉遣いに神経質な人と言葉遣いの丁寧な人との違いなのでしょうね。

Posted by MICKEY at 2004年11月11日 19:12
>のろろさんへ
私もどこの人だかわからなくなってしまいます・・・

Posted by MICKEY at 2004年11月11日 19:14
>まきこさんへ
一部は当たってるけど全部は納得できないような感じですよねー
Posted by MICKEY at 2004年11月11日 19:16
>映太郎さんへ
ありがとうございました。

私の感謝の気持ちの表現です。
心理学的手法という認識は全くございませんでした。
Posted by MICKEY at 2004年11月11日 19:20
言葉遣いに神経質なとの丁寧なのとはまた別問題のような気がしますが…?

私は仕事柄他社とのメールのやり取りやメルマガを書いているので、こういう書き方になりますし、メールでは目の前に人がいないので自分が思っていることと他人が感じることのギャップがありますので、特に初対面の人には丁寧に言うようにしています。

それに実際に喋るときも、目上の人、部下、社外的なとき、友人のときと当然、自分の気持ちを隠してでも付き合わなければならないこともありますし、こういう場での書き方にもどうしても違いが出てきますね。
Posted by ぽこ at 2004年11月11日 22:54
私も接客業だったせいか、自分の言葉遣い、他人の言葉遣いが気になる方です。

>自己開示の低い性格なのです

ちょっと当たってるかも(笑)
Posted by うさちん at 2004年11月12日 03:37
>ぽこさんへ
メールのやり取りだけっていうのは大変なお仕事だと思います。
がんばってくださいねー

Posted by MICKEY at 2004年11月12日 19:10
>うさちんさんへ
当たっている人が多いのかも・・・・・
Posted by MICKEY at 2004年11月12日 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。