2004年11月14日

何を考えているかわからない・・・・・

何を考えているかわからない。そう思われてませんか?
『仕事と人間関係に役立つ心理学101題』 
定価780円 英和MOOK
監修・・・亜門虹彦さん(心理アナリスト・カウンセラー)
P49の下段より
前回に引き続き自己開示のお話です。

明るいのに「つかみ所のないヤツ」だと言われる人は、本音でのつき合いを避けているのです。
たまにはありのままの自分をさらけ出さないと!!
 
自分にとって重要な他者に自己開示できることが正常なパーソナリティのサインであり、
そうすること自体が正常なパーソナリティに至る近道である。
そう喝破したのは、心理学者のジュラードです。
 
自己開示とは、自分の思想や感情を相手に伝えることです。
自分にとって重要な相手上司や恋人や配偶者などに何もかもさらけ出してしまうことです。
明るくてお喋りだけど、上っ面のつき合いしかせず深刻な話は避けようとする人がいます。
無口だけど重要な相手には何でも包み隠さずに打ち明ける人がいます。
前者は自己開示の低い人であり、後者は自己開示の高い人です。
このことからもわかるように、社交性が高いから自己開示も高いとは限らないのです。
「あいつはつかみ所のないヤツだ」と言われる人がいますが、そういう人は自己開示が低いのです。
よく言えば、社会に適応するために自分を抑圧しているわけですが、自己抑圧が過剰になると重大な疾病の原因になることもあるので、注意しなければいけません。
周囲の誰も彼にも自分をさらけ出す必要はありません。
 
ひとりでよいので、自己開示のできる相手を

見つけておくことが肝要なのです。


なかなか出来なくって・・・・・現在に至ってます。
(しーちゃんがうらやましいかも。)
posted by ミッキー at 13:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も自己開示が低いです。
Posted by じゅん at 2004年11月14日 18:34
興味深い話でした。けっこう自分も我慢してしまうほうです。たまに「王様の耳は、ロバのみみぃ〜!!!」のようなことを叫んじゃってます(笑)
Posted by ムラ茶 at 2004年11月14日 20:52
>じゅんさんへ
いらつしゃいませ。
自己開示の低い方多いですよね。
仕事上極秘事項に触れる事が多い人はそうなってしまうのかも・・・
いや、子供の頃からだったような・・・
Posted by MICKEY at 2004年11月15日 00:25
>ムラ茶さんへ
どうぞココで叫んじゃってください。
Posted by MICKEY at 2004年11月15日 00:28
「つかみどころがない」ってよく言われます。
そのほかに「飄々としている」「何があっても慌てない」など。「秘密をたくさん持っている」とも言われたことがあります。
自分では包み隠さず話しているつもりなのですけどね。
自分が話したつもりでも、相手が「何を考えているかわからない」と思えば、それはすなわち僕の自己開示ができていないと言うことですか?
上京してから特に、この問題にぶつかることが多くなりました。
Posted by のろろ at 2004年11月15日 11:36
>のろろさんへ
私の場合は自覚症状がありますよ。
たぶん秘密主義者です。

周りの人からすると、何を考えているのかわからない事もあるでしょうね。
展開を先読みしすぎると不気味がられる事もシバシバ・・・
営業やクレーム処理担当の人は何手か先を読んでおかないと仕事になんないですものねー


Posted by MICKEY at 2004年11月15日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。