2005年05月19日

ペットボトル:リサイクルに異変 採算悪化で撤退事業者も

ペットボトル:
リサイクルに異変 採算悪化で撤退事業者も


ペットボトルのリサイクル事業に異変が起きている。
市町村がリサイクルを目的に集めたペットボトルが、最終的に中国に運ばれ、ぬいぐるみの中身の原料などに利用されているためだ。
国内のリサイクル事業者は、処理するペットボトルの減少と採算悪化で、事業から撤退するところも出始めている。

容器包装リサイクル法に基づく指定法人の日本容器包装リサイクル協会(容リ協)が、05年度に市町村から引き取る予定のペットボトルは17万7000トン(前年度比1万4000トン減)で、容器包装リサイクル法の制定以来、初めて減少する見通し。
市町村が容リ協にペットボトルを引き渡す場合は無償だが、有償で引き取る業者が市町村から買い取っているためとみられる。




posted by ミッキー at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 環境関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ・・・
Posted by 映太郎 at 2005年05月19日 14:35
>映太郎さんへ
これです・・・
Posted by ミッキー at 2005年05月19日 21:51
え?…どれ?
Posted by 映太郎 at 2005年05月20日 09:46
>映太郎さんへ
これですよ・・・これぇ〜〜〜
Posted by ミッキー at 2005年05月24日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。