2005年08月18日

電源開発さんありがとう!

1市7町夜間断水延期 発電用水県内配分、日量16万トン1カ月

吉野川水系水利用連絡協議会(会長・横田耕治四国地方整備局長)は十七日、早明浦ダムの利水容量が底をついた時点から香川、徳島に生活用水として供給する発電用水の配分量を決めた。
両県への供給量は日量で計約三十二万トンで、うち香川への配分は十五万六千トンとなった。
発電用水の残量(約九百九十万トン)から、現在と同程度の日量を一カ月間ほど供給できる見通し。
高松市など一市七町は同日、予定していた夜間断水を当面、延期することを決めた。

電源開発さんのおかげです。

みなさん、電源開発鰍ウんに感謝しつつ引き続き節水を・・・・・


posted by ミッキー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ローカル社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

リベラシオン抄訳「四国もフランスも水不足なり」
Excerpt:  四国もフランスも渇水が起こり水不足に悩んでいる。  四国といえば讃岐うどん。  水不足になったらうどんを茹でられなくなる。 →それなら今のうちにうどんを食べに行こう。 というわけで、JTBや..
Weblog: 鯖田鮫蔵的批評 (&リベラシオン抄訳)
Tracked: 2005-08-20 01:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。